ダンボール箱はとても優秀!由来も把握しておこう

宅急便や引っ越しをはじめとして、ダンボール箱はさまざまなシーンで利用されています。


しかし、正しい知識を持ったうえで使っている人は多くありません。


これからも長くお世話になるアイテムなので、適切に理解しておくことが望ましいです。
たとえば、ダンボール箱という名称の由来を知っておくと良いでしょう。
実際には、段ボールと記述するものであり、そのルーツは1900年代の初頭にまでさかのぼります。

この頃に初めて生産に成功し、名付けたのはそれを成し遂げた人物です。


手元にダンボール箱があるならカッターで切って断面を見てください。断面の構造が階段状になっていることが分かるでしょう。


段という字はここから付けられた伝えられています。
さらに、ボール紙を使用していたこともポイントであり、この2つの要因を考慮することで段ボールという名称になりました。

それを単純にカタカタで全表記すると「ダンボール」になるわけです。


カタカナなので外来語と勘違いしがちですが、英語ではまったく異なる名称なので注意してください。
段ならではの作用によって衝撃を吸収することが最大の特徴です。

ダンボール箱情報が手に入ります。

緩衝材を入れて使用することが多いですが、単体でもある程度のクッション性を見込めます。

また、地球に優しい点も近年になって再評価されています。



燃えるゴミとして処分されることが少なく、リサイクルされることが一般的だからです。



8割を超える回収率を誇っており、これからの社会でも重宝されるのは間違いありません。