デカフェで送る健康生活

海外では昔から一般的に普及していたが、健康志向が強くなった日本でも最近浸透してきたのがデカフェですが、これは色々な飲み物や食べ物から様々な方法でカフェインを取り除いた物でカフェインレスとも呼ばれています。デカフェの代表的な飲み物がコーヒーで、赤ちゃんへの影響が心配でコーヒーを我慢している妊娠中や授乳中のお母さんにも健康上の理由からカフェインを控えている方などでも安心して飲めるのがデカフェコーヒーです。デカフェコーヒーはコーヒーから90%以上のカフェインを取り除いた物で見た目や香りに違いはなく飲んだ時に感じる酸味や苦味に多少の違いはありますが、カフェインに含まれる苦み成分ほんの少し抜けるぐらいでコーヒー豆の特徴が失われる事はありません。カフェインは薬として使われる一方で大量摂取は体に悪影響を及ぼすとされていて、妊婦の1日の摂取量のボーダーラインは300㎎でドリップコーヒー150ml当たりの含有量100mgなので2杯から3杯は許容範囲ですが、毎日これを気にしながら飲むのもストレスなので、デカフェコーヒーなら安心して安全に好きなだけ飲む事が出来ます。

カフェインを取り除く方法としては大きく3種類あり有機溶剤、水、二酸化炭素を使用した物になりますが抽出方法によりコストパフォーマンスや安全性に違いがありますが、日本では化学薬品の使用が法律で禁止されているので安全性が高く年々種類も増加傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *