デカフェが広げるコーヒーの世界

デカフェとは、カフェインを抜いたコーヒーのことをいいます。最近、カフェメニューの表記に増えているので、見聞きする機会が増えています。刺激物のカフェインを抜くことで誰でもコーヒーを楽しめるため、コーヒー専門店やコーヒーショップやチェーン店も注目しています。市販されているインスタントコーヒーや珈琲豆、ドリップパックタイプでもデカフェコーヒーが増えており、選択の幅が広がっています。

コーヒー好きにとって最も気になるのが、デカフェすることで風味がどう変わるのか、という点です。コーヒーに含まれるカフェインは、苦味の約10%ほど含まれています。カフェインを抜くことで苦味が多少抜けるため、すっきりした後味やキレの良さを感じられます。通常のコーヒーと比較してカフェイン含有量が10%ほどになっており、EU基準に基づくものでは99%以上カフェインが抜かれています。

デカフェコーヒーなら女性や子供でも手軽に楽しめます。カフェインは胃を刺激し鉄分の吸収を阻害することが知られており、1日の鉄分摂取量12mg以上が求められている女性も楽しめる、嬉しいコーヒーでもあります。カフェインの過剰摂取により早産や流産などの原因になるとも指摘されているので、妊婦さんもコーヒーを楽しめます。デカフェコーヒーなら、早朝だけでなく夕食後のコーヒーも味わえます。

カフェインレスなので、覚醒作用も小さく、体がほてって眠れなくなった、などということもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *