デカフェのコーヒーと製造法

デカフェとは、カフェインを抜いた食品のことを言います。カフェインを含む飲食品は、コーヒー、緑茶、コーラ、など数多くあります。この中でもデカフェというときは、多くの場合カフェイン抜きのコーヒーを指します。カフェインには、覚醒作用や利尿作用、血管拡張作用などが知られています。

これ以外にも、胃を刺激して鉄分の消化吸収を阻害する、妊婦さんが摂取すると早産や流産などの原因になると指摘されています。そのため、健康上の理由からデカフェコーヒーを求める方が増えているのです。デカフェコーヒーが登場したことで、カフェインが苦味に一部にしか含まれていないこと、苦味はカフェインだけでなく様々な成分により構成されていること、カフェインには中枢神経興奮作用があることが科学的にも証明されました。デカフェコーヒーは、コーヒー生豆を有機溶媒抽出、水抽出、超臨界二酸化炭素抽出の3つの方法が用いられています。

有機溶媒抽出法は最も安価ですが、有機溶媒が生豆に直接接触する、カフェイン以外の損失が大きく、風味が劣化することが知られています。そのため、カフェインを水溶性成分ごと抽出する水抽出法が多くなっています。水抽出法であれば、カフェイン以外の損失が抑えられるため、風味や香りが劣化を抑えられます。また、有機溶媒抽出法の欠点を補った超臨界二酸化炭素抽出法も普及し始めています。

カフェインレスのコーヒーでも、風味や香りが劣ることなく、すっきりとした味わいとキレを感じることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *