コーヒーメーカーの比較

家庭やオフィスでおいしいコーヒーを飲みたくありませんか。巷にはコーヒーショップやコンビニコーヒーが溢れているのでいつでも飲むことができますが、モーニングコーヒーをわざわざ外に飲みにいくのは面倒ですし、雨の日も外まで飲みに行くのは手間ですね。そんな時に、コーヒーメーカーがあれば淹れたてのコーヒーをいつでも好きな時に楽しむ事が出来るようになります。しかし、一口にコーヒーメーカーと言っても各社から様々な種類の物が発売されており、電気屋やネットショップでも目移りしてしまいます。

そこで、今回はコーヒーメーカーをポイント毎に比較してみたいと思います。まず、コーヒー豆を粉に挽いて粉にしてからドリップするわけですが、最近では「コーヒー豆」を直接セットできるものも発売されております。ミルを搭載しているので、挽き立ての淹れ立てを楽しめます。好みにもよりますが、粉と比較しますと、やはり豆からの方がワンランク上という感じではないでしょうか。

次は、保温装置の有無です。ウォーマーを装備している機種ですと、一度に5~10人分程コーヒーを淹れる事ができます。いちいち機械操作をしなくてもいいので何杯も飲む方は便利です。しかし、コーヒーは淹れたてが一番おいしいので、わざわざ一杯ずつ淹れる事をお勧めします。

最後にドリップフィルターの比較です。一般的な台形型と最近流行りの円錐型があります。しっかり味が出るのが台形型、スッキリとした味わいになるのが円錐型です。店舗などで試飲してみた方が良いでしょう。

各社様々なタイプのコーヒーメーカーを発売しておりますので、お好みのタイプをチョイスして、私服のコーヒータイムを楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *