最近はコンビニでもコーヒーマシンを使用しています

近年、コンビニでコーヒーマシンを使うことが多くなってきました。

最初にコーヒーマシンを導入したのはサークルKです。サークルKで淹れたてのコーヒーが飲めるようになり、それがとても好評だったので、セブンイレブンやローソンなどのコンビニもマネをして、淹れたてのコーヒーを飲めるようにしたのです。この流れは、大手コンビニだけにはとどまりませんでした。ヤマザキデイリーストアなどの準大手のコンビニでもこうした淹れたてのコーヒーを飲めるようにしたのです、こうした動きに合わせるようにして、コーヒーマシンも進化してきました。コンビニで安く飲めるようにするために、このマシンはまず小型化する必要がありました。そこで、このマシンを取り扱っている企業のダイニチは、このマシンの小型化に着手しました。

そして、何年かの研究の後、マシンの小型化に成功しました。そして、マシンをコンビニに置けるようになったのです。このマシンは基本的に、豆をすりつぶすという機能を持っています。こうした豆をすりつぶす行為をミルするといいます。すりつぶした豆は、ドリップと言って、上からお湯を注がれます。このマシンは一台の中で、この二つの基本的な行動を行ってくれます。ですので、淹れたてのコーヒーが飲めるというわけです。すりつぶす豆は品種を問いません。ブラジルでもキリマンジャロでも大丈夫です。モカのように細かい豆でも上手にすりつぶすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *