カフェオレ専用のコーヒーカップ

カフェオレには専用のコーヒーカップが存在しており、一般的にカフェオレボウルと呼ばれます。

フランスではお椀と呼んでおり、コーヒーを飲むだけでなくコーンフレークやスープを入れることもあります。このコーヒーカップは19世紀ヨーロッパではスープボウルと呼ばれ、カフェオレではなくスープを飲むために出されました。フランスではスープにパンを浸して食べる習慣があり、当時使っていたものは現在のカフェオレボウルより大き目です。ヨーロッパでコーヒーを飲むようになったのは1800年代のことで、1870年代になると中流家庭にも広がります。しかし庶民にとってはまだ贅沢な飲み物で、多くの人が手軽に飲み始めたのが1920年代です。

カフェオレボウルもこの頃からたくさん製造されるようになり、現在の大きさにまで小さくなりました。かつてはコーヒーをカフェオレボウルに入れてパンを浸して食べていました。よって当時使われていたカフェオレボウルには、パンをすくった形跡であるスプーンの傷が残っています。カフェオレボウルは日常的な食器として使っていたため、ほとんどが陶器です。フランス以外でもカフェオレボウルは製造され、多くがコーヒーをよく飲む国です。幾何学模様が魅力的なベルギー製は品質の高さが好評で、ポルトガル製は他の国より曲線が強いです。アンティークのカフェオレボウルは、広告を入れたりコーヒーカップをプレゼントするために文字が記されているものもあります。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *