ドリップ式のコーヒーメーカー

コーヒーメーカーは、挽かれているコーヒー豆を機器にセットすると自動で抽出が開始されて飲用することが可能になる電化機器です。

コーヒーというのは、抽出具合によって大きく味が変化するため、変化を小さく済ませるために開発されました。一言でコーヒーメーカーと言ってもドリップ式とサイフォン式の2種類に分類されるので、選択時は各々の差異を理解した上で選択しましょう。ドリップ式は、ドリッパーと呼ばれる漏斗形のパーツにペーパーフィルターを敷くことから行程が始まります。

ペーパーフィルターを敷いたら前もって挽いておいたコーヒー豆をセットし、給水タンクに適量の水を入れます。ドリッパーに関しては、本体と一体になっているタイプとサーバーの上部にダイレクトに乗せてしまうタイプに分かれています。一般的にフィルターは紙製がよく用いられるのですが、金メッキもしくはナイロン製の網が予め付属されているコーヒーメーカーも販売されています。そして、給水タンクに関しても一体型が多いのですが中にはセパレートタイプで分かれているものも存在します。

このようにメーカーによって細部が異なるので、自分の使用用途などを見極めて買い求めると失敗しません。また、現在販売されているコーヒーメーカーのほぼ全てで保温機能が付いているのですが、コーヒーは長時間放置すると香りが失われてしまい風味も落ちてしまいます。しかも、消費電力量も多いので保温機能に頼り過ぎることは好ましくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *