強化ダンボール箱のメリットデメリット

category01

海外への輸出時に近年よく使われている存在に、「強化ダンボール箱」があります。


その利用の最大のメリットは、荷物の重さを軽くできる、というものです。商品の輸出に際しては梱包が欠かせません。
一方で、梱包後の総重量は輸送費に少なからず影響があります。

ダンボール箱の最新情報を掲載しています。

その際、これまで海外への輸出時に一般的だった木を使った梱包に比べて強化ダンボール箱を使えば重量比較で約3分の1にまで軽量化が可能です。
加えて、木材梱包を輸出する場合燻蒸処理が必須です。



一方で強化ダンボール箱を使った場合、その存在は当然非木材梱包扱いとなるため木材を梱包材として使用した場合に必要な燻蒸消毒は一切いりません。

また、荷物を開梱しやすい点もその利用にあたっての特徴であり魅力です。さらに、開梱後の処理についてもダンボール箱であれば処分ではなくリサイクルもしやすいです。


つまり、環境への優しさも損利用にあたっての魅力と言えます。
ただし、その利用にあたってはデメリットも存在します。



たとえば、そもそもが紙製品ゆえに水濡れに弱いため製品をしっかりとテープなどで保護することは欠かせません。
さらに、根止めや振れ止め、押さえなど梱包内装をする際にも紙でできているというダンボール箱特有の特性を考慮しないと強度を保つことができない点にも注意が必要です。

その利用にあたっては、輸送時の綿密な内装設計を施さないと商品が無事に運べないかもしれません。


慎重に配置しましょう。


ダンボール箱の納得の知識

category02

宅急便や引っ越しをはじめとして、ダンボール箱はさまざまなシーンで利用されています。しかし、正しい知識を持ったうえで使っている人は多くありません。...

subpage

ダンボール箱の身になる知識

category02

久々に部屋を掃除したら、色々と不要な物が見つかったが、自宅周辺にリサイクルショップや古本屋さんがない、こんな時に便利なのがネットの宅配買取サービスです。文字通り宅配便を活用した買取サービスであり、売りたい古本やゲームソフトや家庭用ゲーム機などを梱包して、お店に送付すれば不用品を簡単に売却出来ます。...

subpage

ダンボール箱の納得の事実

category03

ダンボール箱は様々なものを包んだり収納したりすることができるケースで、家庭から企業まで色々なところで使われています。紙で作られているものが一般的ですが、プラスチックで作られているものもあります。...

subpage

ダンボール箱入門

category04

引越し後や通販サイトをよく使用する方などは、自宅に不要な段ボール箱が積み重なってしまっていっるという状況も少なくありません。通常ダンボール箱は古紙回収に出したり、自治体のゴミ収集日に出すことが一般的ですが、ダンボール箱を他のことに活用したいと考えているなら様々なリメイク方法があります。...

subpage